JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


原料情勢

6月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント



 
とうもろこし

米国 
○20/21年産
・生産量は前月から変更はなく、15,995百万ブッシェルとなった。
・期首在庫は、19/20年産の生産量が45百万ブッシェル減少したものの、エタノール需要も50百万ブッシェル減少したため、5百万ブッシェル増加し、2,103百万ブッシェルとなった。
・需要面は前月から変更はなく、14,800百万ブッシェルとなった。
・結果的に期首在庫が増加したことより、3,323百万ブッシェル(期末在庫率:22.45%)となった。


世界
○20/21年産
・生産量はブラジルにおける面積の増加から生産量の増加をうけ、1,188百万トンとなった。
・期首在庫は、先月から減少し313百万トンとなった。
・ブラジルの19/20年産は南部の乾燥により単収は減少したが、面積が増加するため前月から据え置きとなった。
・期末在庫は前年からの期首在庫の減少をうけ337.87百万トン(期末在庫率29.0%)となっている。

 

 

 
大豆
米国

○20/21年産
・生産量は前月より変化なく、4,125百万ブッシェルとなった。
・期首在庫は、19/20年産において搾油需要の増加、ノースダコタ州の再調査での生産量減少を輸出需要の減少が上回り5百万ブッシェル増加した。
・需要面では、国内の大豆粕需要増加をうけ搾油需要が15百万ブッシェル増加した。
・結果的に期末在庫は期首在庫は増加したものの、旺盛な搾油需要により、395百万ブッシェル(期末在庫率:9.12%)となった。


世界
○20/21年産
・生産量は、先月発表から同水準の、362百万トンとなった。
・期首在庫は、19/20年産のアルゼンチンおよびブラジルの主に中国向け需要をうけ輸出需要が増加したため減少。
・期末在庫は、期首在庫の減少をうけ、前月より減少しの96.34百万トン(期末在庫率:26.6%)となっている

 


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.