JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


海外粗飼料情勢

 
平成30年11月16日
 
全国農業協同組合連合会 (JA全農)
 
輸入粗飼料情勢 / 平成30年11月号
 

1.アルファルファヘイ
(1) カリフォルニア州インペリアルバレー
 11月5日の灌漑局発表によると、作付面積は前年同時期対比で1%増加となっております。
 先月から引き続き8番刈が進行中です。日照時間が短くなり、生育の速度は緩やかです。直近で集荷されたスタックの品質はプレミアムと#1グレードが中心であり、産地相場は引き続き堅調です。特にサウジアラビアを中心とした中東からの引き合いが非常に強く、産地在庫は非常に逼迫しております。このまま進むと、冬場には産地在庫のショートが懸念され、産地価格が一層上昇すること懸念されます。

(2) ワシントン州コロンビアベースン
 今年産の収穫は終了しました。1番刈で雨当たりが発生したことを除けば、今年は天候に恵まれ、色目・葉付き共に例年よりも高品質のスタックが収穫されました。一部の下位グレードを除き、産地在庫は払底に近い状況です。中国での関税が引き上げられた7月以降、同国からの引き合いは緩んでいましたが、直近では中国国内在庫が少なくなり、年明け以降の必要量を確保することを目的とした引き合いが徐々に増えてきている様子です。加えて米国内需も引き続き強く、PSWと同様に冬場には産地在庫の逼迫が予想され、産地価格の更なる上昇が懸念されます。

2.スーダングラス
 11月5日の灌漑局発表によると、作付面積は前年同時期対比で131%増加となっております。ただし、この大部分は旧穀の圃場を羊などへの放牧用に刈り残している面積であり、輸出向けの供給力が増加しているわけではありません。新穀の播種は来年3月後半から4月に行われる見通しです。今年産は高い湿度による品質低下が見られましたが、低グレード品であっても米国内需が強く、産地在庫は払底に近い状況です

3.ストロー類(ペレニアル・アニュアル・フェスク)
 
今年産の収穫は終了しました。日本の一部地域からは、アフリカ豚コレラ発生を受けた中国産稲わらの輸入制限を背景とした追加需要が米国へ波及してきています。また韓国では、降雨の影響で国産稲わらの収穫が遅れており、同国政府が10月に追加の輸入枠(クオータ)を開放したため、米国への引き合いが増加しています。そのため、ストロー類の産地在庫は非常に逼迫しており、産地価格は上昇しています。
 また、エンドファイトの分析機関であるオレゴン州立大学では、引き続き予算不足による人員確保が問題となっています。そのため、エンドファイトの分析結果が得られるまでに5週間以上も掛かっており、一部では船積みに遅延が生じています
 
4.チモシーヘイ

(1) ワシントン州コロンビアベースン(灌漑産)
 今年産の収穫は終了しました。一部の天水地域では2番刈の産地在庫が若干残っていますが、それを除くと在庫は払底に近い状況です。日本および韓国からの引き合いは引き続き強く、産地価格は高値に張り付いています。特にプレミアムグレードについては、韓国から追加の引き合いが来ており、非常に逼迫しています。豪州産オーツヘイの新穀の情勢が芳しくないことも関係していることが想定されます。屋内燻蒸代の加算については、11月積みは実施を見送る、あるいは段階的に値上げするサプライヤーもいましたが、12月積み以降は値上げが見通されます。

(2) カナダ産
 アルバータ州南部(灌漑地域)では、1番刈の収穫が終了しています。この内、プレミアム以上のグレードの発生割合が8割を超えていると言われています。2番刈については、終盤に差し掛かっており、収穫時の降雨の影響で低グレード品が中心です。
 アルバータ州北部(天水地域)では、今年産の収穫作業は終了しています。生育時の旱魃の影響で、例年対比で単収が減少しました。降雨被害は少なかったものの、発生グレードは茶葉混入の低グレード品が中心です。低グレード品であっても旱魃を背景とした内需が強く、輸出向けに出荷される量は限定的です。

5.豪州産オーツヘイ
 現在新穀の収穫が各州で行なわれています。
西豪州については、降雨により全体的に集荷が遅れています。また、収穫時に降雨が見られたため、早めに刈り取りを開始した圃場は雨あたりが発生しており、中位~下位グレードが中心に収穫されています。
 一方で東・南豪州については、南豪州が約4割、東豪州が約3割の集荷が完了しています。例年よりも降雨が少ないため、単収が昨年度より半分程度まで減少しており、供給量が不安視されています。品質については、例年よりも上位グレードの割合が増える見通しです。
 豪州全域で降雨が少なかったことから、豪州内の放牧草の生育が不十分となったため、豪州国内からの需要が依然として強い状況です。特に東部のニューサウスウェールズ州およびクイーンズランド州からの引き合いが強く、豪州自給飼料の相場が大幅に上昇している模様です


                                                                                                                                               以上


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.