JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

2009年 10月09日 輸入粗飼料情勢 / 平成21年10月号

平成21年10月9日
全国農業協同組合連合会 (JA全農)

輸入粗飼料情勢 / 平成21年10月号


1. アルファルファヘイ
 各産地の収穫状況ですが、カリフォルニア州では現在7番刈りが行われています。この地区では8~9番刈りまで行われる見通しです。オレゴン州では3番刈りの収穫がほぼ完了しました。輸出向けの主産地であるワシントン州では4番刈りの収穫が終了し、一部の農家ではより多くの収入を得るために5番刈りの収穫を行う見通しです。

2.スーダングラス
 主産地インペリアル・バレーでは今年度の収穫は完了しました。生産数量はスーダンの圃場が小麦に作付転換され、作付面積が減少したことから大きく減少しています。そのため各サプライヤーは輸出向け上位グレードの色抜け品を十分に確保できない状況となっています。

3.ストロー類
 今年度のストロー類(ライグラスストロー、フェスクストロー)の収穫は完了しました。作付面積が減少したため、生産数量は前年比約20%減少しました。そのため、倉庫に保管し、価格が上昇するのを待って原料を販売しようとする生産農家も出てきています。

4.チモシー
(1)米国産
 9月末で2番刈りの収穫が完了しました。現地では、気温も低下してきており、来週からは屋内薫蒸が行われる見通しです。

(2)カナダ産
 現在2番刈りは刈取りを終えようとしています。チモシーの生産数量は小麦へ圃場が転換した事や生育期および収穫期に天候に恵まれなかった事から大幅に減少しています。

5.豪州産オーツヘイ
 西豪州地区について、10月より新穀の収穫が開始されました。まだ一割程度の圃場しか刈取りが行われておらず、収穫・乾燥期の天候次第で作柄が決まるため、今後の天候に注視する必要があります。
 一方、南豪州地区について8月は降雨に恵まれませんでしたが、9月に入り、降雨が続いたため例年以上の単収が期待されています。しかし、収穫時期に入っても降雨が続いているため、刈取りを行ったほとんどの畑は降雨により雨当りとなっている状況です。
以上


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.