JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

2007年 05月11日 輸入粗飼料情勢 / 平成19年5月号

平成19年5月11日
 
全国農業協同組合連合会(JA全農)
 
 
輸入粗飼料情勢 / 平成19年5月号
 
 
 新穀の収穫が本格化し始めました。
 カリフォルニア州南部ではオーツヘイの収穫がほぼ終了しました。収穫時の降雨もなく概ね無事に終えることが出来た模様です。
 アルファルファも米国南部(カリフォルニア州、アリゾナ州等)では2-3番刈りの収穫が進んでおり、ワシントン州でも遂に1番刈りの収穫が始まりました。収穫作業が順調に進むのを願うばかりです。

1.スーダングラス
 主産地のカリフォルニア州最南部インペリアル・バレーでは、いよいよ5月後半より早播きスーダンの収穫が始まります。2番刈りの収穫は1番刈り終了後、30日後の開始となる予定です。
 冬作物拡大(小麦作付け面積拡大)の傾向に伴い、早播きスーダンの作付け減少がささやかれていましたが、5月1日時点の作付け面積報告では回復基調にあると見てよいでしょう。(前年同時期対比 98%)
 5月以降、小麦収穫後にスーダンを作付けする遅播きが実施されますが、この面積は例年よりも多いと見られているため、最終的にスーダン作付け面積は昨年対比で拡大しそうな気配です。昨年同様、ないしはそれ以上の収穫が期待されます。

2.バミューダーヘイ
 4月中旬より1番刈りの収穫が開始されています。
 今年度産は作付け面積が若干拡大している(昨年同時期対比 103%)ことや、種子市場がやや低迷しているため、産地側では牧草で収穫する動きが顕著となっていることから、供給量の拡大が期待されています。

3.アルファルファヘイ
 主産地のワシントン州パスコ近郊では1番刈りの収穫が始まりました。
 日中気温も30度を超えるようになって来ていることや、今後10日間の天気予報が良好であるということもあり、今週には多くの生産農家が収穫作業に入ります。この天候が続けば昨年度産のような雨あたりによる打撃は最小限となりそうです。パスコ北部の各地でも5月14日以降に刈り取りが準備されています。
 カリフォルニア州南部やアリゾナ等では既に2-3番刈りの収穫が進められています。米国内の乳価好調を背景とした、旺盛な米国内需要はこれらの多くを国内消費することでしょう。
 その他ネバダ州では5月後半、オレゴン州南部では6月前半に1番刈りの収穫が予定されています。

4.ストロー類
 主産地であるウィラメット・バレー周辺ではライグラス、フェスキューが生育中です。
これらライグラス、フェスキューは飼料用途とされる単年草と、多くを芝用とする多年草に分けられます。収穫開始時期はフェスキューの単年草が一番早く、7月の初頭に収穫開始、その後フェスキュー多年草、ライグラス単年草、ライグラス多年草と進みます。一般的に輸入粗飼料でライグラスと称される多年草ライグラスは7月第2-3週からの収穫開始が見込まれています。

5.チモシー
(1)米国産
 ワシントン州パスコ周辺では冷涼な夜と温暖な日中の気温差がチモシーの成育を促進させています。天候次第ですが、このまま順調に推移すれば6月初頭より収穫可能となる圃場も現れる模様です。
 ダブルコンプレスベールの屋外燻蒸開始の時期が近づいております。ダブルコンプレスベールの場合は束内温度が20度以上で7日間以上の燻蒸が義務付けられており、気温の高低(時期)で屋外燻蒸とするか屋内燻蒸とするかを決定しております。屋外でもこの温度を超えるようになってきっため、5月下旬頃には屋外へと移る見込みです。

(2)カナダ産
 好調な穀物相場を背景に、一部の生産農家はチモシーから穀物関係へと転作しています。そのため、作付面積は昨年度産対比で10%程度減少していると見られています。

6.オーツヘイ
(1)豪州産
 豪州国内の水不足は継続しています。一部地域では降雨も観測されていますが、生産地域での降雨量は必要量に達していません。一般的に5-6月に播種を行いますが、このまま降雨量不足が継続すれば、土壌水分不足で播種に大きく影響を及ぼしそうです。
 このため、冬季の放牧に備えた牧草地も必要量が生育しておらず、引き続き国内畜産用の牧草飼料も購入飼料となっている様子です。一部では西豪州産の牧草が南豪州で消費されたりもしています。

(2)米国産
 カリフォルニア州最南部インペリアル・バレー周辺での刈り取りはほぼ終了しました。幸運にも収穫時期の降雨もなく、順調に刈り取りは進みました。
 カリフォルニア中部サンホアキン・バレー周辺では刈り取りが開始され、6月の第一週まで続くものと見られています。同地域では降雨不足が懸念されており、単収減少が確実視されていますが、今後カリフォルニア州北部のサクラメント周辺での刈り取りでどこまで在庫を積み上げられるか、注目されています。
以上


 

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.