JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

 
平成30年9月18日
 
全国農業協同組合連合会 (JA全農)
 
輸入粗飼料情勢 / 平成30年9月号
 

1.アルファルファヘイ
(1) カリフォルニア州インペリアルバレー
 9月12日の灌漑局発表によると、作付面積は前年同時期対比で1%増加となっております。
 現在、6番および7番刈が進行中であり、気温の下がる秋口に向けて徐々に葉付きが回復していくことが期待されます。同州でもアリゾナ州と同様にサウジアラビアからの引き合いが非常に強く、とりわけ良品については産地相場の高騰を受けて中東以外の輸入国は手を出せない状況が続いています。米国内需も同様に高値のアルファルファを買い付けする余力がなく、安価なイネ科作物の使用量を増やして対応している状況です。

(2) ワシントン州コロンビアベースン
 3番刈が終了し、4番刈が開始されました。コロンビアベースン近郊やカナダで発生した山火事による煙害の影響を受けて、一部の3番刈では変色したスタックが見受けられました。しかし現在は鎮火しており、秋口の冷涼な生育環境も相まって4番刈では良品の集荷が期待されます。産地相場について、1番刈の降雨被害を受け、米国内外からの需要が2番刈の良品に集中したことで相場は高値に張り付いていました。2番刈と比較して3番刈は色目や葉付きの面で劣ることと、中国政府の報復関税の影響を受けて同国向けアルファルファの買い付けを緩めているサプライヤーがいることから、2番刈対比で相場はやや軟化傾向にあります。

2.スーダングラス
 9月12日の灌漑局発表によると、作付面積は前年同時期対比で12%増加となっております。収穫は終盤に差し掛かっており、今の時期に昨年対比で増加した面積の大半は、主に米国内へ販売される3番刈と考えられます。安価なイネ科を求める米国内フィードロットや放牧された羊向けの需要が非常に旺盛です

3.ストロー類(ペレニアル・アニュアル・フェスク)
 
今年産の収穫は終了しました。今年は天候に恵まれ、雨当たりの被害は発生していません。日本および韓国からの引き合いは引き続き堅調です。韓国ではクオータと呼ばれる輸入枠の減少からイネ科牧草への引き合いは減少すると予想されていましたが、直近では輸入枠を回避することを目的として穀物等をストローに混ぜたミックス品の出荷を行っているサプライヤーもおり、結果として韓国向けの出荷はあまり鈍化していません
 
4.チモシーヘイ

(1) ワシントン州コロンビアベースン(灌漑産)
 2番刈の収穫が終了しました。早刈が行われた圃場では、9月中旬に3番刈を試みる生産者もいる様子です。早刈の品質は比較的柔らかく茶葉の少ない良品ですが、多くの圃場ではより高い単収を確保するために遅刈が実施され、茶葉の混入や煙害による変色が懸念されます。早刈の良品は高値で取引されましたが、中~低級品は今後取引が進むにつれて相場が形成される見通しです。

(2) カナダ産
 アルバータ州南部では、1番刈の収穫が終了しました。品質は昨年同様に上級品が中心に集荷されており、収量も昨年程度とみられています。しかし、南に隣接する米国ワシントン州のサプライヤーがアルバータ州南部まで集荷エリアを広げており、集荷競争により価格が昨年対比で大幅な上昇を見せています。また、一部の生産者は2番刈を開始しております。9月中旬に降雨があったため、9月下旬以降の集荷が中心となると予想されます。
 アルバータ州北部では、旱魃の影響からチモシーを含む牧草生産量が半減しています。周辺のフィードロットからの引き合いが強いため、産地相場は高騰し、供給力は大きく減少しています。

5.豪州産オーツヘイ
 新穀について、播種後の降雨量が地域によって差が出てきています。西豪州については、ある程度の降雨が見られるものの、東、南豪州については例年よりも降雨が少なく、単収が昨年度よりも減少することが予想されます。そのため、東、南豪州については例年よりも上位グレードが増えるのではないかと予想するサプライヤーも出ています。また、豪州全域で降雨が少なかったことから、豪州内の放牧草の生育が不十分となったため、豪州国内からの需要が増加しました。最近は豪州国内向けの相場が大幅に上昇しているため、輸出原料用に使用されているえん麦も国内用として利用されるケースも見られるようです。一部では中~下位グレードの供給できないサプライヤーが現れ始めています


                                                                                                                                               以上

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.