JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

食肉情勢

(1)牛肉

<供給>
(1)国産
 平成31年4月成牛と畜頭数は、91.4千頭(前年比101.6%)となった。内訳を見ると、和牛41.6千頭(前年比104.5%)、交雑牛21.4千頭(同 98.6%)、乳牛去勢14.4千頭(同 95.3%)であった。
 令和元年5月の成牛と畜頭数は、速報値(5/31まで集計)で77.2千頭(前年比93.4%)と前年を下回った。
 (独)農畜産業振興機構が5月29日に公表した牛肉の需給予測によると、6月は和牛の出荷頭数の増加が見込まれるものの、交雑種、乳用種の出荷頭数の減少が見込まれることから、前年同月をやや下回ると予測する。3ヶ月平均(4~6月)では、出荷頭数はわずかに、生産量はやや、いずれも前年同期を下回ると予測している。

(2)輸入

 平成31年4月の輸入通関実績によると牛肉輸入量は全体で67.3千トン(前年比108.2%、前月比171.5%)となった。内訳は、チルドが25.9千トン(前年比102.9%、前月比115.4%)、フローズンが41.4千トン(同111.9%、同 246.4%)となった。チルドは新協定国の関税が4月にさらに削減されたこと、最大10連休の大型連休に向けた手当てにより増加、フローズンでは年度SG回避の動きから未通関分が一挙に通関に回り、SG明けで3割増加した前年をさらに上回った。主な国別でみると、チルドは豪州12.4千トン(前年比102.8%)、米国11.5千トン(同 96.4%)、カナダ1.0千トン(同232.0%)、フローズンは豪州19.3千トン(同 110.5%)、米国15.5千トン(同 100.4%)、カナダ3.8千トン(同 136.8%)、ニュージーランド1.7千トン(同 161.0%)であった。
 (独)農畜産業振興機構が5月29日に公表した牛肉の需給予測によると、チルドビーフ輸入量は10連休明けの需要減退などにより5月は前年同月をかなりの程度下回る一方で、6月は前年同月並みと予測している。なお、3ヶ月平均(4月~6月)では前年同期をわずかに下回ると予測するとしている。

<需要>
(1)家計
 総務省発表の平成31年3月度家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり牛肉購入量は571g(前年比104.2%)、支出金額が1,671円(同 96.8%)となった。

(2)小売
 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の4月の販売統計速報によると、既存店ベースでの畜産部門の売上高は912億円(前年比100.9%)となった。今月は気温の影響が好不調動向に店舗での差が大きく全体的な傾向はみられなかった。月末のGW時期は和牛などの動きがよかった一方で、それ以外の時期は輸入牛の動きがよかった。ステーキ用の赤身肉は好調だが、気温により焼肉用は好不調まちまちとなった。豚肉の相場がやや高騰しているが、気温が低下した地域では国産、輸入豚ともにやや不調とする店舗が多かった。ハムやソーセージなどの加工肉は価格競争の厳しさを指摘するコメントもみられた。
 日本チェーンストア協会が公表した4月販売概況によると、畜産品の売上は799億円(店舗調整後で前年比97.7%)であった。畜産品の動向としては、牛肉、鶏肉の動きは良かったが、豚肉の動きは鈍かった。ハム・ソーセージ、鶏卵の動きも鈍かったとしている。

(3)外食
 4月は東日本で気温が低かったことも客足にマイナスの影響を与えた。客数は全体的に前年を下回ったものの、季節メニューの投入やメニュー価格の改定等により客単価が上昇、全体の売上は101.7%と32ヵ月連続して前年を上回った。今年のGWは10連休と休日数が増加したが、その前半にあたる4月末の4日間は天候に恵まれない日もあり、客足が鈍る店もみられた。ファミリーレストラン業態全体の売上は100.7%と前年を上回った。焼肉レストランは、客数、客単価が堅調で、売上は103.4%となった。

<在庫>
 (独)農畜産業振興機構公表の平成31年3月末の推定期末在庫量は、115.9千トン(前年比118.8%、前月比95.0%)となった。内訳は、輸入品在庫が107.2千トン(前年比121.7%、前月比94.9%)、国産品在庫が8.7千トン(同 92.0%、同 96.1%)と、輸入品は前年を大きく上回った。同機構によれば、国産品と輸入品を合わせた期末在庫は、4月が117.2千トン(前年比 119.0%)、5月が119.8千トン(同 114.9%)、6月が123.5千トン(同 115.8%)と予測している。

<市況>
(1)5月~6月
 令和元年5月の東京市場枝肉卸売価格(速報値5/31時点)は、和牛去勢A5が2,713円(前年比98.8%)、和牛去勢A4が2,423円(同 100.2%)、和牛去勢A3が2,201円(同 102.5%)、交雑牛B3が1,642円(同 108.3%)、乳牛去勢B2が1,058円(同99.3%)であった。
 (独)農畜産業振興機構が5月29日に公表した6月の国内出荷予測頭数を品種別にみると、和牛が35.3千頭(前年比101.6%)、交雑牛が17.8千頭(同 87.9%)、乳用種が26.7千頭(同 99.4%)であり、全体では81.1千頭(同 97.5%)と見込んでいる。

(2)豚肉

<供給>
(1)国産

 平成31年4月度全国の肉豚出荷頭数は1,405千頭(農林水産統計5/31公表 前年比102.9%、前月比104.9%)となった。4月の全国地域別出荷頭数を前年比で見ると、北海道105.7%、東北104.7%、関東104.0%、北陸甲信越102.4%、東海86.8%、近畿97.9%、中四国107.6%、九州・沖縄103.1%となり、東海と近畿を除く地域で前年同月を上回った。
 令和元年5月の全国と畜頭数は、速報値で1,281千頭(5/31まで集計)、前年比92.8%となっている。1日当たりの平均と畜頭数は速報値段階で64,055頭となっている。
 農水省食肉鶏卵課令和元年5月10日付 肉豚生産出荷予測によると、今後の出荷予測頭数は令和元年6月1,279千頭(100%)、7月1,279千頭(100%)、8月1,277千頭(97%)、9月1,308千頭(104%)、10月1,422千頭(95%)となっている。  

(2)輸入
 平成31年4月の輸入通関実績は豚肉全体で98.3千トン(前年比122.5%、前月比143.2%)となった。内訳はチルドが36.2千トン(前年比106.9%、前月比105.9%)、フローズンが62.2千トン(同133.9%、同180.1%)となり、フローズンは6万トンを超える輸入量となった。4月の新年度から日EU・EPA、TPP11ともに関税が引き下げられたことから、一部通関を繰り延べていた商品が増加したものと考察される。主な国別では、チルドがカナダ17.8千トン(前年比108.5%)、米国17.4千トン(同104.5%)となった。フローズンは、デンマーク17.9千トン(同180.7%)、スペイン13.0千トン(前年比134.7%)、メキシコ8.1千トン(同124.9%)、米国4.0千トン(同83.2%)、カナダ3.6千トン(同110.2%)、オランダ4.3千トン(同182.1%)となった。
 
<需要>
(1)家計

 総務省発表の平成31年3月期家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり豚肉購入数量は1,876g(前年比103.3%)、支出金額が2,538円(前年比100.7%)となった。


(2)小売
 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の4月の販売統計速報によると、既存店ベースでの畜産部門の売上高は912億円(前年比100.9%)となった。今月は気温の影響が好不調動向に店舗での差が大きく全体的な傾向はみられなかった。月末のGW時期は和牛などの動きがよかった一方で、それ以外の時期は輸入牛の動きがよかった。ステーキ用の赤身肉は好調だが、気温により焼肉用は好不調まちまちとなった。豚肉の相場がやや高騰しているが、気温が低下した地域では国産、輸入豚ともにやや不調とする店舗が多かった。ハムやソーセージなどの加工肉は価格競争の厳しさを指摘するコメントもみられた。
 日本チェーンストア協会が公表した4月販売概況によると、畜産品の売上は799億円(店舗調整後で前年比97.7%)であった。畜産品の動向としては、牛肉、鶏肉の動きは良かったが、豚肉の動きは鈍かった。ハム・ソーセージ、鶏卵の動きも鈍かったとしている。
 元号が令和となり、最大10連休となった今年のゴールデンウィークは、活発な荷動きを期待したものの、需要筋での動きは天候に左右される形となり、期待した動きとはならなかった。また、ゴールデンウィーク明け以降、昨年同時期の高相場を意識した、需要筋による海外チルドポークの販促が活発になることで国産冷蔵豚肉の動きは、特定の部位を中心に精彩を欠く状況となっている。他方、国産冷凍豚肉については、ロース、バラ、低級部位ともに今後の流れを意識した活発な荷動きとなっている。


(3)加工品
 日本ハム・ソーセージ工業協同組合発表 平成31年3月の豚肉加工品仕向量は29.9千トン(前年比96.0%、前月比113.4%)となった。この内、国内物が5.3千トン(前年比91.9%)、輸入物が24.6千トン(同97.0%)となった。なお、上記仕向量とは別枠のシーズンドポークについては10.0千トン(前年比96.0%)となった。

<在庫>
 農畜産業振興機構発表の平成31年3月末の推定期末在庫量は、166.5千トン(前月比99.7%、前年比92.0%)となった。内訳は、輸入品の在庫が145.3千トン(前月比98.8%、前年比90.5%)、国産品が21.2千トン(同107.1%、同103.6%)となり、輸入品は前年を下回ったものの、国産品は前年を上回る結果となった。

<市況>
(1)5月~6月

 令和元年5月の東京食肉市場枝肉相場は、速報値(5/31時点)で602円/㎏(前年比97.1%、前月比111.9%)となった。最大10連休となったGW期間終了後、気温がこれまでになく上下に動いたこと、また疾病の影響も相まって、5月の肉豚出荷頭数は、前年同月を下回る一段と引き締まった出荷状況となった。他方、需要面では、例年この時期に相場が上がることを勘案した、輸入チルドポークの販促が活発になる煽りを受けて、国産冷蔵豚肉の荷動きとしてはやや低調となった。こうしたことから、5月の相場は前年同月を少し下回る形となった。
 農畜産業振興機構発表の6月出荷予測頭数は1,228千頭(前年比96.3%)と予測している。春先から地域的に再燃しているPED、また東海エリアで引き続き散発している豚コレラといった疾病は、例年この時期に見られる季節的な背景による肉豚出荷頭数にも大きな影響を与え、前月同様、出荷は引き締まるものと予測する。他方、需要面では不安定な国際情勢を勘案し、国産豚肉の販促を充実したり、また、国産豚肉へ切り替えていく需要筋が昨年同時期と比して増えていることから、市況は下がる要因を見つけることができず、持ち合いから、やや上昇するものと予測する。

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.