JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

需給及び価格動向

Ⅰ.肉用和牛素牛情報

1.

令和2年4月の情勢

(0)

 先月に引き続き、新型コロナウイルスに係る緊急事態宣言により、全国で外出の自粛、飲食店の自粛・休業、イベント等の中止や延期などが実施された影響から、牛肉消費が減少し、枝肉価格が大きく落ち込みました(東京都市場A-5 2,054円/kg、前月比87.7%、前年比74.3%)。その影響を受け、素牛相場も続落の相場展開となりました。
 このことは、枝肉相場が平成24~25年度、素牛相場が25~26年度と同水準となっています。
 

2.

令和2年5月の需給および価格動向

(1)

供給
素牛上場予定頭数は、前年同月比103%と予想されます。

(2)

需要
枝肉相場の大きな下落や、新型コロナウイルスの終息の見込みが立っていない不安から、需要は引き続き弱気に推移すると見込まれます。

(3)

価格
4月に発令された緊急事態宣言が5月も延長されるなど、新型コロナウイルスの影響が続くと考えられ、枝肉相場が不透明であることから、続落の相場展開が予想されます。


以 上

[表‐1] 令和2年5月入場予定頭数

産地・市場名 入場予定頭数 前年同期取引頭数
(A) (B)
 北海道(南北海道) 1,700 1,611
 岩手(県南) 600 610
 兵庫(淡路) 430 433
 島根(中央) 260 257
 岡山(総合) - -
 広島(三次) 280 293
 長崎(平戸口) 550 865
 大分(玖珠) 350 375
 宮崎県下 3,300 2,918
 鹿児島県下 4,330 4,086
合  計 11,800 11,448


HOME

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.