JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

需給及び価格動向

Ⅰ.肉用和牛素牛情報

1.

平成30年10月の情勢

(0)

 9月と比較して市場開催数が少なく、上場頭数が減少したものの、枝肉販売状況がまだ好転しないことから購買意欲が上がらず、前月価格のもちあいの相場展開となりました。
 

2.

平成30年11月の需給および価格動向

(1)

供給
素牛上場予定頭数は、前年同月比101.2%と予想されます。

(2)

需要
肉牛出荷の最盛期を迎えることから、導入意欲が高まり、高い需要が予想されます。

(3)

価格
高い需要が想定されること、および枝肉販売状況が好転することが見込まれることから、10月価格から上げの相場展開が予想されます。


以 上

[表‐1] 平成30年11月入場予定頭数

産地・市場名 入場予定頭数 前年同期取引頭数
(A) (B)
 北海道(南北海道) 1,592 1,688
 岩手(県南) 500 519
 兵庫(淡路) 390 375
 島根(中央) 260 228
 岡山(総合) 280 274
 広島(三次) 300 229
 長崎(平戸口) 750 673
 大分(玖珠) 330 340
 宮崎県下 4,903 5,142
 鹿児島県下 3,610 3,305
合  計 12,915 12,773


HOME

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.