JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

 

平成21年12月18日
報 道 各 位
全国農業協同組合連合会(JA全農)
 
 
平成22年1~3月期の配合飼料供給価格について
 
 
 平成22年1~3月期の配合飼料供給価格については、以下の飼料原料・外国為替情勢などを踏まえ、平成21年10~12月期に対し、全国全畜種総平均トン当たり約500円値下げすることを決定しました。
 なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

飼料情勢は以下のとおりです。

1.飼料穀物
 とうもろこしのシカゴ定期は、8月には330セント/ブッシェル前後で推移していたが、作付の遅れにより収穫時期が例年より大幅に遅れ霜害懸念が高まったことや、投機資金の流入により9月以降上昇に転じた。さらには11月10日米国農務省発表の需給見通しで生産量が下方修正されたことなどから、現在は400セント/ブッシェル前後で推移している。
 今後は、エタノール需要が依然として堅調であることに加え、長雨による収穫の遅延により生産量が減少する懸念があるため、相場は底固く推移するものと見込まれる。

2.大豆粕
 大豆粕のシカゴ定期は、7月から8月にかけて350ドル/トンを超える水準で推移していたが、大豆の生育に良好な天候が続き豊作との見通しとなったことから、10月には一時300ドル/トン前後まで値下がりした。しかしながらその後、長雨による収穫の遅延により生産量が減少する懸念が高まったことから上昇し、現在は350ドル/トン前後で推移している。
 今期の国内大豆粕価格は、前期に比べシカゴ定期が下落していることや円高から値下がりが見込まれる。

3.海上運賃
 米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、8月下旬には55ドル/トン前後で推移していたが、アジア向けとうもろこし・大豆の輸出需要の高まりと、中国の鉄鋼原料輸送需要が堅調であることから上昇し、現在は70ドル/トン前後の水準で推移している。
 今後は、欧州・日本等の鉄鋼生産に回復の兆しが見られることから、海上運賃は堅調に推移するものと見込まれる。

4.外国為替
 外国為替は、7月から8月にかけて95円前後で推移していたが、米国景気の回復の遅れを背景に超低金利政策が長期化するとの見方が強まりドル安円高が進行し、さらに直近ではアラブ首長国連邦ドバイ首長国の信用不安からドルが売られ、現在は90円を下回る水準で推移している。
 今後は、米国の景気回復には時間がかかると予測されている一方、日本経済の回復も遅れているため、一進一退の相場展開が見込まれる。
以 上
 
 


 

  この件に関するお問い合わせは
   JA全農 畜産生産部 総合課まで TEL 03-6271-8235

 


 

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.