JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

  
 

平成22年3月19日
報 道 各 位
全国農業協同組合連合会(JA全農)
 
 
平成22年4~6月期の配合飼料供給価格について
 
 
 
 平成22年4~6月期の配合飼料供給価格については、以下の飼料原料・外国為替情勢などを踏まえ、平成22年1~3月期に対し、全国全畜種総平均トン当たり約1,000円値下げすることを決定しました。

 なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

 
飼料情勢は以下のとおりです。

1.飼料穀物
 
とうもろこしのシカゴ定期は、収穫時期が大幅に遅れ早霜による生産量の減少懸念が高まったこと、商品市場に投機資金が流入したことから、一時420セント/ブッシェルを超える水準まで上昇したが、1月12日の米国農務省発表の需給見通しにおいて史上最高の豊作見通しとなったことを受けて下落し、現在は370セント/ブッシェル前後で推移している。

 今後は、南米産とうもろこしが豊作の見通しであることと、今春の米国産とうもろこしの作付面積も拡大するとの見方がある一方、依然としてエタノール需要が堅調であるため、相場は底固く推移するものと見込まれる。

2.大豆粕
 
大豆粕のシカゴ定期は、昨年11月末には350ドル/トン前後で推移していたが、12月に入り南米産大豆が良好な天候が続き大豊作の見通しとなったことから下落し、現在は300ドル/トン前後で推移している。

 国内大豆粕価格は、前期に比べシカゴ定期が下落していることから値下がりが見込まれる。

3.海上運賃
 
米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、10月下旬には65ドル/トン前後で推移していたが、年末年始にかけて中国向けの鉄鋼原料輸送、アジア向け穀物の荷動きが活発になったことを受け上昇した。

 その後中国の旧正月に入り船腹需要が減少したことから下落したものの、旧正月が明けて再び中国向けの鉄鋼原料輸送需要が増加していることや、南米からのとうもろこしや大豆のアジア向け輸出により船腹需要が高まっていることから、現在は75ドル/トン前後で推移していおり、今後も底堅く推移するものと見込まれる。

4.外国為替
 
外国為替は、円高基調で推移してきたが、11月下旬にはアラブ首長国連邦ドバイ首長国の信用不安からドルが急速に売られ、90円を大きく下回る円高となった。その後米国の景気回復期待感の高まりから一時94円近辺まで円安ドル高がすすんだが、米国金融機関に対して金融規制が課せられるとの観測からドルが下落し、現在は90円前後で推移している。

 今後は、米国の失業率が9.7%と依然として高く、本格的な景気回復には時間を要すると見込まれる一方、日本経済の回復も遅れているため、一進一退の相場展開が見込まれる。

以 上

 
 

 
  この件に関するお問い合わせは
   JA全農 畜産生産部 総合課まで TEL 03-6271-8235

 

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.