JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

 

平成25年12月17日
報 道 各 位
全国農業協同組合連合会(JA全農)


平成26年1~3月期の配合飼料供給価格について



 平成26年1~3月期の配合飼料供給価格については、飼料情勢・外国為替情勢等を踏まえ、平成25年10~12月期に対し、全国全畜種総平均トンあたり約500円値下げすることに決定しました。
 なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

 飼料情勢は以下のとおりです。

1.飼料穀物
 とうもろこしのシカゴ定期は、9月上旬には460セント/ブッシェル前後であったが、収穫期に入り単収が上昇し、大豊作になるとの見通しから弱含みとなった。11月には米国農務省需給見通しで、期末在庫率が大きく改善したことから、現在は420セント/ブッシェル前後となっている。
 今後は、相場下落を受けた農家の売り控えや、輸出需要の増加が予想されるものの、在庫率の大幅な改善により相場は安定的に推移すると見込まれる。

2.大豆粕
 大豆粕のシカゴ定期は、9月下旬には460ドル/トン前後であったが、米国産大豆の期末在庫率が依然として5%台と低位にあること、東南アジア諸国の大豆粕需要が増加していることから、現在は500ドル/トン前後となっている。
 国内大豆粕価格は、輸入大豆粕の価格が高止まりしていること、国内大豆粕の発生量が少なく、引き続き需給が逼迫していることから、今後も高値で推移すると見込まれる。

3.海上運賃
 米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、9月上旬には46ドル/トンであったが、中国むけの鉄鉱石や石炭の輸送需要と北米産穀物の輸送需要が増加したことから、10月中旬には一時60ドル/トンまで上昇し、現在は55ドル/トン前後となっている。
 今後は、中国むけの輸送需要が引き続き増加するとともに、新造船の竣工が平成26年以降減少する見通しであることから、海上運賃は堅調に推移すると見込まれる。

4.外国為替
 外国為替は、9月上旬には100円前後で推移していたが、その後は円に対する安全通貨としての信任から円が買われ97円~99円台のレンジ相場となった。しかし、11月に入り米国の金融緩和政策が当面継続されるとの見方から、円を売って株を買う動きが強まり、現在は102円台で推移している。
 今後は、米国の景気回復への期待感から緩やかに円安がすすむと見込まれる。

 以上から、外国為替の円安はあるものの、とうもろこしのシカゴ定期が下落していることから、平成26年1~3月期の配合飼料価格は前期に比べ値下げとなる。

以 上


     
     
    この件に関するお問い合わせは
   JA全農 畜産生産部 総合課まで TEL:03-6271-8235
 
     
     

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.