JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


原料情勢

9月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント



 
とうもろこし

米国 
○19/20年度
・作付面積および収穫面積は変わらないものの、単収が下方修正され生産量は102百万ブッシェル減少の13,799百万ブッシェルとなった。
・18/19年の国内需要および輸出の減少を受けて期首在庫は85百万ブッシェル増加した。
・需要面に関してエタノール需要が25百万ブッシェル減少した。
・結果的に期末在庫は、生産量が減少したものの期首在庫増加および需要減少から2,190百万ブッシェル(期末在庫率:15.53%)に増加した。


世界
○19/20年度
・生産量は米国とウクライナの減少により3百万トン減少して1,105百万トンとなった。
・輸入量と輸出量は前回から変更なし。
・国内需要は米国とウクライナの減少により1百万トン減少した。
・期末在庫は生産量減少が需要減少を上回り306百万トン(期末在庫率27.1%)に減少した。

 

 

 
大豆
米国

○19/20年度
・作付面積および収穫面積は変わらないものの、単収が下方修正され生産量は47百万ブッシェル減少の3,633百万ブッシェルとなった。
・18/19年産の搾油需要および輸出の増加を受けて期首在庫は65百万ブッシェル減少した。
・需要面に関してその他需要が2百万ブッシェル増加した。
・結果的に期末在庫は、生産量減少と期首在庫減少から640百万ブッシェル(期末在庫率:15.93%)に減少した。


世界
○19/20年度
・生産量は米国の減少により1百万トン減少して341百万トンにとなった。
・中国の輸入量は前回から変更なし。
・輸出量は前回から変更なし。
・期末在庫は米国の減少を受けて99百万トン(28.1%)に減少した。

 


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.