JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


海外粗飼料情勢

 
平成31年02月18日
 
全国農業協同組合連合会 (JA全農)
 
輸入粗飼料情勢 / 平成31年2月号
 

1.アルファルファヘイ
(1) カリフォルニア州インペリアルバレー
 2月11日の灌漑局発表によると、作付面積は前年同時期対比で4%の増加です。新穀の生産量増加が期待されますが、米国内の取水制限の影響が今後どの程度発生するか注視が必要です。
 直近では、新穀1番刈の収穫を控えて昨年からの刈り残しや霜枯れ部分の剪定作業(クリッピング)が行われています。このクリッピングにより集荷された玉は色目が悪く水分値は15-18%と高めです。そのため、通常は米国内で消化されますが、今年はサウジアラビア向けにも一部輸出されている状況です。そのことからもわかる通り、サウジアラビアの需要は引き続き堅調です。この背景には、水不足により自国のアルファルファ生産を中止し、輸入を推奨する政策を同国政府が打ち立てたことがあり、今後も同国の旺盛な需要が米国産の価格を下支えすることが予想されます。
 新穀1番刈の収穫は目前に迫っていますが、降雨により収穫スケジュールに遅れが生じており、今年は生産者毎に開始時期が大きく異なることが予想されます。

(2) カリフォルニア州北部、オレゴン州クラマスフォールズ
 同地域では冬季に多くの降雨があったことから、潤沢な土壌水分が期待されます。カリフォルニア州北部では、米国内の取水制限の影響が懸念されますが、同地域の生産者の多くは井戸による地下水源を利用しているため、今のところ深刻な水不足とはなっていません。

(3) ワシントン州コロンビアベースン
 2月に入りワシントン州コロンビアベースンには寒波が到来しました。それに伴い、各地では先週から今週にかけて降雪が続いています。また、同州シアトル港へと続く幹線道路は雪により閉鎖されている状況であり、PNW(米国北西部)産品では1~2週間の遅延が懸念されます。
 産地相場は引き続き堅調です。現状ではサウジアラビアをはじめとした中東の需要はPSW(米国南西部)に集中しており、同地域の価格高騰の背景となっています。そのため直近ではPNWの産地価格が比較的競争力がある状況ですが、PNWへの中国からの引き合い増加の傾向があり、PNWにおいても産地相場は更なる上昇を見せ始めています。
 中国へのアルファルファ輸出量は、米中貿易摩擦の影響で7月以降激減しています。代替産地として中国は、スペイン産やスーダン産の輸入量を若干増やしましたが、機械乾燥の同国産の品質は顧客のニーズに合わず、米国産対比で3~4%の輸入量に留まっています。2月の旧正月を終えていよいよ中国国内の在庫が枯渇し始めており、中国バイヤーの米国産への回帰が本格的に始まっています。


2.スーダングラス
 2月11日の灌漑局発表によると、作付面積は前年同時期対比で64%の減少です。冬季の気温低下によって、例年よりも土中温度が下がり、播種開始の適切なタイミングが遅れていることがその背景にあると考えられます。播種は2月18日の週から開始される見通しです。2月の小麦の作付面積は前年同時期対比で67%の減少であり、複数のサプライヤーは今後早蒔きスーダンの作付けが昨年対比で増加するのではと予想しています

3.ストロー類(ペレニアル・アニュアル・フェスク)
 
アフリカ豚コレラ発生を受けた中国産稲わらの輸入制限を背景に、米国産に対する日本からの引き合いが増加したことは既報の通りです。一方で、中国産稲わらの予想を上回る日本への輸入量を背景にして、日本の一部地域ではストロー類の在庫過多を理由に国内相場の若干の軟化が見られる様子です。しかしながら、米国側では引き続き旺盛な韓国からの引き合いもあり、産地相場の軟化の兆しは今のところ見えていません

4.チモシーヘイ

 アルファルファの項で述べた通り、天候の影響による船積みの遅延が懸念されます。
 現在、圃場での余剰在庫は殆どありません。一部のサプライヤーは下位グレードの余剰在庫を抱えている様子ですが、Dairy Premiumといった上位グレードは繰り越し在庫が殆ど発生しないと予想され、新穀が開始しても大幅な産地相場の値下げにはならない可能性があります。

5.豪州産オーツヘイ
 新穀の収穫は完了しました。品質については旱魃の影響で生育途中に葉が枯れてしまったため、茶葉の混入が例年よりも多くなっている点が特徴です。また、旱魃の影響で東・南豪州は単収が大幅に減少しており、全体的なオーツの供給量は例年に比べて減少しています


                                                                                                                                               以上


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.