文字サイズ
標準
拡大

4月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント

 
とうもろこし

米国 
○19/20年産
・収穫面積、単収ともに前月と変わらず、生産量は前月と同じ13,692百万ブッシェルのままとなった。
・需要面は一部の工業用および飼料等で増加、輸出も前月と変わらずも、エタノール需要低迷を背景に375百万ブッシェル下方修正された結果、13,865百万ブッシェルへ減少した。
・期末在庫は前月から増加し、2,092百万ブッシェル(期末在庫率:15.09%)となった。


世界
○19/20年産
・生産量はEUやベラルーシの増加がインドネシア、ラオスの減少を上回り1,113百万トンと微増した。
・輸出量はEUが増加した一方、ロシアで減少した。
・国内需要はウクライナ、EU、韓国で微増したが米国が減少した。
・期末在庫は生産増加と需要減少を主背景に、303百万トン(期末在庫率26.8%)に増加となった。

 

 

 
大豆
米国

○19/20年産
・収穫面積、単収ともに前月と変わらず、生産量は前月と同じ3,558百万ブッシェルのままとなった。
・需要面は種子・その他の国内需要およびブラジル産との競争力低下を背景に輸出需要が減少し、4,002百万ブッシェルへ減少した。
・期末在庫は前月から増加し480百万ブッシェル(期末在庫率:11.99%)となった。


世界
○19/20年産
・生産量はアルゼンチンとブラジルでの乾燥懸念を受けて減少し338百万トンとなった。
・中国の輸入量は前月から微増し、89百万トンとなった。
・輸出量はブラジルが増加するも、米国で減少した。
・国内需要はアルゼンチンが減少した。
・期末在庫は生産量減少が需要減少を上回り100百万トン(期末在庫率28.8%)に減少した

 

ページトップ