文字サイズ
標準
拡大

5月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント

 
とうもろこし

米国 
○20/21年産
・生産量は前年より作付面積、収穫面積、単収の増加から2,332百万ブッシェル多い、15,995百万ブッシェルとなった。
・需要面に関してはコロナウィルスの影響が緩和され、エタノール需要や飼料、工業・種子用途での需要が回復する見通しとなった。また、輸出需要についても南米やウクライナとの競合が予想されるものの、前年より375百万ブッシェル多い2,150百万ブッシェルとなった。
・結果的に期末在庫は需要増を生産増が大きく上回り、3,318百万ブッシェル(期末在庫率:22.4%)となった。


世界
○20/21年産
・生産量は米国、ブラジル、ウクライナ、メキシコ、カナダ等で増加し、過去最高となる1,187百万トンとなった。
・世界のコーン需要成長率は4%と予測され、一方、世界の輸入も4%増と見積もられている。
・特に、EU、エジプト、メキシコ、イラン、モロッコ、ベトナム等の国々の需要が増える見通しである。
・期末在庫は米国期末在庫増加の影響が大きく、他国の減少幅を上回り、前年より25百万トン多いい340百万トン(期末在庫率29.2%)となっている。

 

 

 
大豆
米国

○20/21年産
・生産量は前年より作付面積、収穫面積、単収の増加から568百万ブッシェル多い、4,125百万ブッシェルとなった。
・需要面では国内搾油については前年より若干の増加にとどまるものの、中国向け輸出需要が堅調に推移するとの見方が反映され、全般で414百万ブッシェル多い4,315百万ブッシェルとなった。
・結果的に期末在庫は堅調な輸出需要が供給量増加を上回り、405百万ブッシェル(期末在庫率:9.4%)となった。


世界
○20/21年産
・生産量は前年より27百万トン増加の363百万トンとなった。
・生産量の主な増加は米国で15百万トンの増加で112百万トン、ブラジルで7百万トンの増加で131百万トン、アルゼンチンで3百万トンの増加で54百万トンとなっている。
・期末在庫は、供給量は増加したものの、世界的な需要の高まり、特に中国での需要の増加を受けて、前年より2百万トン少ない98百万トン(期末在庫率:27.3%)となっている

 

ページトップ