文字サイズ
標準
拡大

配合飼料情勢

令和3年4~6月期の配合飼料供給価格について

 令和3年4~6月期の配合飼料供給価格については、飼料情勢・外国為替情勢等を踏まえ、令和3年1~3月期に対し、全国全畜種総平均トン当り5,500円値上げすることを決定しました。
 なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

 飼料情勢は以下のとおりです。

1. 飼料穀物

 とうもろこしのシカゴ定期は、12月上旬には420セント/ブッシェル前後であったが、その後、中国による米国産とうもろこしの大量成約や、生産量の減少により期末在庫率が減少したことに加え、南米産地で新穀の収穫が遅れていることなどを受けて高騰し、現在は540セント/ブッシェル前後となっている。また、シカゴ定期に加算される内陸産地からの集荷コストなどは、引き続き輸出需要が米国産に集中していることから、底堅く推移している。
 今後は、南米産地の作柄および米国産新穀の作付時の天候に左右されるものの、期末在庫が低水準であることから、相場は堅調に推移するものと見込まれる。

2. 大豆粕

 大豆粕のシカゴ定期は、12月上旬には420ドル/トン前後であったが、米国農務省が1月に発表した需給見通しで、大豆の輸出需要が上方修正され、期末在庫率が歴史的な低水準となったことや、南米産地の乾燥天候による作柄悪化懸念などから高騰し、500ドル/トンとなった。その後、南米産地で新穀大豆の収穫が始まったことによりやや軟化しているものの、現在も450ドル/トン前後で堅調に推移している。
 国内大豆粕価格は、シカゴ定期が上昇していることから、値上がりが見込まれる。

3. 海上運賃

 米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、11月には45ドル/トン前後で推移していたが、中国向けをはじめとした旺盛な穀物輸送需要や、世界的な寒波による石炭輸送需要の急増に加え、原油相場の急騰などにより上昇し、現在は60ドル/トン前後で推移している。
 今後は、南米産大豆の輸送需要が本格化することに加え、原油相場が上昇していることから、海上運賃は堅調に推移するものと見込まれる。

4. 外国為替

 外国為替は、12月には104円前後で推移していたが、バイデン新大統領による追加経済対策や、新型コロナワクチン普及などによる経済活動回復への期待感から円安がすすみ、現在は108円台で推移している。
 今後は、世界的な経済活動回復への期待感が高まっているものの、米国の金融緩和政策は継続することから、一進一退の相場展開が見込まれる。

 以上から、とうもろこしのシカゴ定期や大豆粕価格が値上がりしていること、外国為替が円安であることから、令和3年4~6月期の配合飼料価格は前期に比べ値上げとなる。

 本会は、引き続き、生産性向上の支援、国産飼料用米の積極的な活用、地場原料購買の強化、原料共同物流、製品銘柄集約による合理化などに取り組みます。

令和3年3月19日
全国農業協同組合連合会(JA全農)

お問い合わせ
JA全農 畜産生産部 総合課 TEL : 03-6271-8235

ページトップ