文字サイズ
標準
拡大

海外原料需給動向

5月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント

2月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給

とうもろこし

米国

23/24年産

  • 供給面は変化なし。
  • 需要面は、輸出需要、エタノール需要がそれぞれ50百万ブッシェル増となった。
  • 期末在庫は需要増を受け、前月対比100百万ブッシェル減の2,022百万ブッシェル(期末在庫率:13.75%)となる見通し。
〇24/25年産
  • 生産量は14,860百万ブッシェルとなり、昨年対比3%の減少見通し。
  • 単収の181.0ブッシェル/エーカーは、平年並みの天候を前提としている。

  • 期首在庫も増加するため、供給計は16,907百万ブッシェルと2017/18年度以来の高水準となる見通し。
  • 需要面に関しては、国内需要および輸出需要が堅調であることから需要合計は前年比0.7%増となる14,805百万に増加する。
  • 期末在庫は前年からの潤沢な繰り越し在庫を受け、前年対比80百ブッシェル増の2,102百万ブッシェル(期末在庫率:14.20%)と2018/19年度以来の高水準となる見通し。
世界

24/25年産

  • 生産量は米国、ウクライナ、アルゼンチンなどの減少を背景に、前年比減の1219.93百万トンとなる見通し。
  • 期末在庫はアルゼンチン、ブラジル、ロシア、ウクライナ、米国の減少を受け前年比0.81百万トン減の312.27百万トン(期末在庫率25.58%)となる見通し。

大豆

米国

23/24年産

  • 前月対比変化なし。
〇24/25年産
  • 生産量は主に単収の増加から前年比285百万ブッシェル増の4,450百万ブッシェルとなる見通し。
  • 需要面では旺盛なバイオ燃料向け需要を背景とした搾油需要が前年比125百万ブッシェル増の2,425百万ブッシェルとなる一方で、輸出需要がブラジル産の生産量減少により前年比125百万ブッシェル増の1,825百万ブッシェルとなる見通し。
  • 期末在庫は需要増を供給増が上回り、前年比105百万ブッシェル増の445百万ブッシェル(期末在庫率:10.21%)となる見通し。
世界

24/25年産

  • 生産量は主にブラジルや米国の増産を受け、前年比25.31百万トン増加の422.26百万トンとなる見通し。
  • 搾油需要は主にアルゼンチン、中国、米国での増加を受け、世界計も増加見通し。
  • 中国の輸入量は前年対比4百万トン増の109百万トンとなる見通し。
  • 期末在庫は、ブラジル、アルゼンチン、米国、中国での増加を背景に、前年より16.72百万トン増加の128.5百万トン(期末在庫率:31.99%)となる見通し。

5月発表 アメリカ農務省 世界需給

ページトップ