文字サイズ
標準
拡大

海外原料需給動向

4月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント

2月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給

とうもろこし

米国

20/21年産

  • 供給面は前月から据え置きとなった。
  • 需要計は前月より150百万ブッシェル上方修正された。飼料・その他が50百万ブッシェル増加、エタノール向けは直近の生産実績から25百万ブッシェル増加、輸出向けも3月の記録的な船積実績を受け、75百万ブッシェル増加。
  • 期末在庫は、需要の増加を受け、前月から150百万ブッシェル下方修正され、1352百万ブッシェル(期末在庫率:9.15%)となった。
世界

20/21年産

  • 生産量はアルゼンチンやインドネシアで下方修正されたものの、パキスタン、EUなどで上方修正され全体では1,137百万トンに上方修正された。
  • ブラジルの生産量は据え置かれた。
  • 輸出量はウクライナが直近の実績を受け下方修正された。
  • 期末在庫は主に米国の減少を受け、世界の期末在庫も下方修正され、283.85百万トンとなった。

大豆

米国

20/21年産

  • 供給面に変化はなかった。
  • 需要面では、輸出需要が増加したが、搾油、種子、その他向けの減少に相殺され、需要計としては据え置きとなった。
  • 輸出需要は穀物年度前半に記録的な船積実績となったことを受け上方修正された。
  • 種子需要は作付け意向調査を基に、その他需要は四半期在庫を基にそれぞれ下方修正された。
  • 期末在庫は、前月から据え置きの120百万ブッシェル(期末在庫率:2.62%)。
世界

20/21年産

  • 生産量は、363.2百万トンに上方修正された。ブラジルは南部の作柄が良好であることや、収穫が進み良好な単収が報告されていることを受け、前月より2百万トン増の136百万トンに上方修正された。パラグアイやEUの生産量は下方修正された。
  • 需要面では、搾油需要が下方修正された。中国では直近の搾油ペースの減速から、2百万トン減少した。
  • 期末在庫は、主にブラジルや中国での増加を受け、前月より上方修正され86.9百万トン(期末在庫率:23.5%)となっている。

4月発表 アメリカ農務省 世界需給

ページトップ