文字サイズ
標準
拡大

相場情報

全国食鳥新聞社サイトの鶏肉荷受相場、JA全農たまごが発表する鶏肉相場情報を掲載しています。
※各社の相場情報サイトへリンクします

食鳥情勢(令和6年5月)

生産動向

 生産・処理動向調査((一社)日本食鳥協会令和6年4月末実施)によると、3月の推計実績は処理羽数64,519千羽(前年比99.5%)、処理重量196.6千トン(同99.5%)となった。前月時点の計画値より処理羽数は0.3%下方修正、処理重量は1.2%上方修正された。処理重量ベースで前月予測以上の成績となったものの前年実績を下回った。暦上では土・日・祝日が前年よりも1日多かったことや、一部農場で脚弱・鶏病などが発生した影響があったと推察される。
 4月の計画は土・日・祝日が前年から1日減少したことによる処理工場稼働日数の増加等により処理羽数・処理重量が前年を上回る予想となっている。5月についても処理羽数は土・日・祝日が前年から1日減少したことによる処理工場稼働日数の増加等により前年を上回る予想となっているものの、処理重量は前年を下回る予想となっている。関西・四国・九州を中心に処理重量が前年を下回る見込みとなっているため注視したい。5月8日時点で、10県11例(内肉用鶏1例・肉用種鶏1例)、家きんより高病原性鳥インフルエンザの発生が報告されている。工場の人員不足については外国人技能実習生が来日するようになったものの、処理羽数の増加や従業員の高齢化などにより、人員確保が難しくなっているとの声も聞かれる。副産品(小肉・剣状軟骨など)や切身といった加工品の調整を行っている産地もあるようだ。

生産動向表

輸入動向

 財務省4月26日公表の貿易統計によると、令和6年3月の鶏肉(原料肉)の輸入量は前月から▲2.7千トンの52.7千トンで、国別ではブラジルが前月▲4.1千トンの35.8千トンでタイが+1.3千トンの15.9千トンとなった。前年同月の実績に対しては+5.2千トンとなった。(独)農畜産業振興機構(ALIC)による今後の見通しでは、ブラジルが高病原性鳥インフルエンザの影響から回復したこと等により輸入量は4月が50.8千トン(前年比107.1%)と前年からは増加しているものの、5月は46.5千トン(同90.0%)となっており3月から5月にかけて輸入量が減少傾向であることが伺える。国内の輸入品の出回り量により多少動きは変わることが考えられるが輸入品在庫は徐々に減少していくのではないだろうか。
 鶏肉調整品の輸入量は、前月から+4.0千トンの38.3千トンで国別では中国が+2.2千トン、タイが+1.7千トンとなった。前年同月実績40.6千トンとの差は▲2.2千トンとなり、前月比は増加したが前年比は下回る結果となり、月間輸入量が40.0千トンを下回るのは3ヶ月連続だ。中国・タイともに生産は安定しているが、輸出元の需要の盛り上がりや為替(円安)の影響で価格高騰の状況が続いていることもあり、過去1年スパンで見れば減少傾向が続いてる。外食についてはコロナ禍が明けた影響等で昨年よりも回復しており、中食・総菜向け等の引き合いも安定的に継続している状況である。
 財務省が4月26日に公表した貿易統計によると、3月の輸入鶏肉(解体品)の価格は前年同月より12.2%上昇し、鶏肉調整品は前年同月より4.1%上昇した。解体品の国別価格は、ブラジル産の輸入価格が306円/kg(前月比2円高)、タイ産が387円/kg(同11円高)となっている(国別平均価格)。前年比ではブラジル・タイともに価格が上がっている状況ではあるものの、国内市場価格は下落基調であるため、今後の国産鶏肉への影響を注視したい。

輸入動向表

消費動向

家計

 総務省統計局発表の家計調査報告(全国・二人以上の世帯1世帯あたり)によると、令和6年3月の生鮮肉消費(購入)は数量4,368g(前年比104.0%)、金額6,807円(同107.3%)と、数量・金額ともに前年を上回った。鶏肉は数量1,614g(同107.8%)・金額1,650円(同109.2%)・単価101.3円/100g(前年同月+1.3円)と、数量・金額・単価が前年を上回った。調理食品が金額12,808円(同105.6%)、外食が16,458円(同111.5%)となっている。畜産の購入金額は牛肉・豚肉・鶏肉が前年を上回る結果となり、調理食品・外食も購入金額が前年を上回っていることからインフレが進んだことによる物価高の影響だろう。共働き世帯の増加に伴う調理食品の需要増、外食においては、イベント開催の回復や、入国規制緩和での外国人旅行客によるインバウンド需要もあり、回復傾向にあると考えられる。学校給食も4月から再開されたため、末端消費の動向に注視したい。

量販

 食品関連スーパー3団体の販売統計速報によると、令和6年3月の食品売上高は全店ベースで前年比106.6%と前年を上回った。生鮮3部門の売上高は全店ベースで同106.1%、既存店ベースは同104.8%となった。また、畜産部門の売上高は約1,211億円で全店ベース同105.3%、既存店ベース同103.9%となった。一般社団法人全国スーパーマーケット協会によると、価格が安定している豚肉・鶏肉への需要シフトが継続していることに加え、相場に落ち着きが見られるため販売は好調、鶏肉については前年と比較して気温が比較的低かったこともあり鍋関連の需要もあり動きは良かったとコメントがあった。加工肉については値上げの影響もあり販売不振の店舗が多かったとのこと。総菜については行楽関係で動きは良かったものの、人手不足による製造・開発等の対応遅れに苦心している店舗があったとのコメントもあった。

量販表

加工筋

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合調べによると令和6年3月度の鶏肉加工品仕向肉量は、前年比93.8%の4.5千トンとなった。うち国内品は同101.7%の3.7千トンと前年を上回り、輸入品については同74.9%の0.8千トンと前年を下回った。

在庫状況

 (独)農畜産業振興機構(ALIC)の3月末時点推定期末在庫では国産36.9千トン(前年比136.3%・前月差+2.0千トン)、輸入品129.1千トン(同101.8%・同+5.0千トン)と合計で166.0千トン(同107.8%・同+7.0千トン)となった。
 (独)農畜産業振興機構(ALIC)が発表した鶏肉需給表では、3月の出回り量は国産141.5千トン(前年比100.4%・前月差+1.1千トン)、輸入品47.7千トン(同97.7%・同▲9.4千トン)と合計で189.2千トン(同111.2%・同▲8.3千トン)となった。4月以降の国産在庫については加工向けの仕向肉量が増加しているものの、輸入品在庫が直近では増加しており、前述の輸入量が徐々に減少傾向に向かっていることに加え、外食向けの動きが活発になっていることから業務筋での消化が進むだろう。在庫量は前年を上回る傾向が直近では続くものの、徐々に国産在庫は減少すると予測する。輸入鶏肉の入荷量は為替(円安)の影響や国内在庫が増加していることから輸入量が絞られることが予想される。輸入品在庫は前年差ベースで暫く上回ることが予測されるものの、徐々に在庫は減少していくと予測する。

在庫状況表

鶏卵情勢(令和6年5月)

生産動向

餌付け羽数

 2024年3月の全国の餌付け羽数は8,200千羽(前年同月比91.9%)と、前年を下回る推移であった。東日本は100.7%と前年を上回った一方、西日本は82.3%と前年を大きく下回った。2024年1月から3月の累計では、前年比東日本97.7%、西日本89.7%と東西共に前年1月から3月の累計を下回っており、昨年ほどの増羽意欲は現状見られない。
エリア別餌付け羽数
当社推計全国飼養羽数

供給面

 昨シーズンの鳥インフルエンザからの生産回復と、生産調整明け鶏群の生産復帰により、供給量は増加傾向となっている。2024年4月29日には千葉県にて鳥インフルエンザの発生があったものの、今シーズンにおける採卵鶏殺処分対象は11事例79.3万羽であることから、昨シーズンの84事例1654万羽と比較しても影響は限定的となっている。また、2024年5月13日時点の標準取引価格(日ごと)が、195円/kgと安定基準価格202円/kgを下回ったため、同日より成鶏更新・空舎延長事業が発動となった。
 今後について、今シーズンの鳥インフルエンザによる需要・供給への影響は限定的であり、生産復帰鶏群による生産回復の継続が見込まれている状況であるが、生産調整の動き次第では供給量が減少傾向で進む可能性がある。
エリア別鶏卵生産量

配合飼料関連動向

飼料:とうもろこしのシカゴ相場5月限は、5月1日現在443セント/buでの取引となった。
原油:先物相場6月限については、5月1日現在79.00ドル/バレルとなった。
海上運賃:3月の海上運賃は約55ドル/トンとなった。
為替:東京外国為替市場は、5月1日157円83銭/ドルでの取引となった。

消費動向

家計消費

 2024年3月の鶏卵の一人当り家計消費量は928g(前年同月比112.1%)。またコロナ禍前の2019年比でも103.0%であった。春休みに伴う家庭調理機会の増加に加え、鶏卵相場が前年の相場を下回る状況が継続していることにより、店頭売価も前年と比較して下がってきていることから、家計消費は増加傾向で推移したと考えられる。
 今後は、大型連休明けとなり需要が一服していることや、気温の上昇に伴う季節需要の減少が予想されるため、消費動向には注視が必要である。
鶏卵の一人当り家計消費量
鶏卵の一人当り家計消費量

業務・加工動向

 2024年3月は前年より土日の数が2日多い曜日まわりであり、加えてコロナ制限のない歓送迎会シーズンとなったことで、2024年3月の外食全体の売上は、前年同月比111.2%、2019年同月比113.5%と好調に推移した。
 また、2024年3月の訪日外客数についても、円安傾向の継続といった要因から、前年同月比169.5%、2019年同月比111.6%と、単月として初めて300万人を突破する結果となった。
 加工筋は、2024年3月のマヨネーズ・ドレッシング類原料卵消費量が前年同月比91.9%と依然荷動きが鈍く、需要回復には未だ時間を要すると考えられる。
外食産業業態別売上高
外食産業業態別売上高

輸出入動向

輸入動向

 2024年3月の鶏卵類輸入通関実績は2,191トン(前年比92.0%)と前年を下回った。また、2024年3月での殻付き卵の合計は100トン(前年比39.4%)となり、1年ぶりに前年を下回る結果となった。昨シーズンの国内鳥インフルエンザ多発による国外調達の動きに、落ち着きがみられてきたものと考えられる。
鶏卵類輸入通関実績(6月累計)

輸出動向

 2024年3月の殻付卵輸出実績は1,889トン(前年比157.9%)と上回っているものの、2022年同月比では62.4%にとどまっている。メイン輸出先である香港では安価な中国産が台頭しており、日本産も価格競争に巻き込まれつつあり、輸出市場は厳しい状況となっている。
殻付卵輸出実績

価格動向

 2024年4月の東京相場の月間平均は、Mサイズ219円(前年比△131円、前月比+8円)。
 供給面において、昨シーズンの鳥インフルエンザからの生産回復、生産調整明け鶏群の生産復帰より、稼働羽数及び生産量は増加傾向となっている。
 需要面において、量販筋では、相場単価商品を中心として、発注数量は底堅い推移となった。業務・外食筋では、ゴールデンウィークの行楽需要、インバウンド需要により堅調な荷動きであった。一方加工筋では、依然軟調であり、スポット購入意欲も低調な状況となっている。
 これらの需要に対し旺盛な供給状況から、東京相場は5月7日、13日に下押しの展開となった。
 今後について、供給面では稼働羽数の増加が見込まれることから、さらに供給量の回復が進むと考えられる。需要面は、連休期間の終了で一服し、さらに気温の上昇に伴い需要の減退が見込まれることから、好材料に乏しい状況となる。供給が需要を上回る状況から、今後の相場展開は弱含みの展開と予想する。しかし、2024年5月13日に発動した成鶏更新・空舎延長事業により、生産調整が進む場合、鶏卵相場は横ばいとなる可能性も考えられる。
JA全農たまご東京M基準値月間平均
JA全農たまご東京M基準値月間平均

その他

鳥インフルエンザについて
①国内養鶏場での発生状況
2024年4月29日時点で10県11事例の発生状況。
(採卵鶏で約79.3万羽)
②野鳥・環境での発生状況
2024年4月30日時点で28都道県154事例で確認。
(北海道、青森県、岩手県、宮城県、新潟県、茨城県、栃木県、群馬県、東京都、千葉県、神奈川県、富山県、岐阜県、
石川県、愛知県、滋賀県、大阪府、鳥取県、岡山県、香川県、高知県、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、
宮崎県、鹿児島県)

ページトップ