文字サイズ
標準
拡大

食肉情勢(令和4年9月)

牛肉

供給

(1)国産
 令和4年7月の成牛と畜頭数は、94.1千頭(前年比102.5%)と前年を上回った。内訳を見ると、和牛:44.9千頭(前年比99.7%)、交雑牛:21.3千頭(同109.9%)、乳牛去勢:11.9千頭(同 90.9%)となった。
 令和4年8月の成牛と畜頭数は、速報値(8月31日まで集計)で81.8千頭(前年比100.3%)と前年並みとなっている。
 (独)農畜産業振興機構の需給予測(8月29日公表)によると、8月、9月は和牛、交雑牛、乳牛(経産牛含む)の全品種で出荷頭数の増加が見込まれることにより、全体では前年同月を上回る見込みとなっている。(8月86.8千頭(前年比106.1%)、9月89.5千頭(前年比104.6%))そのため、3か月平均(7~9月)では、出荷頭数89.8千頭(前年比103.7%)、生産量28.2千トン(同103.4%)と前年同期を上回る予測となっている。
(2)輸入
 令和4年7月の輸入通関実績は、全体で52.0千トン(前年比99.9%、前月比90.2%)と前年並み、内訳ではチルド;19.5千トン(前年比78.2%、前月比85.6%)、フローズン;32.5千トン(前年比119.9%、前月比93.2%)となった。輸入相手国別では、米国と豪州は現地価格がやや軟化しているものの為替の影響から高値が継続しているため減少、また、フローズンは米国西海岸の労使交渉の影響を抑えるため、国内卸売業者が各国から手配していたことから全ての国で前年を上回った。
(参考:形態別相手国別輸入数量)
チルド:米国9.9千トン(前年比70.8%)、豪州7.5千トン(同91.5%)、カナダ0.9千トン(同91.0%)、ニュージーランド0.5千トン(同69.3%)、メキシコ0.5千トン(同67.3%)
フローズン:豪州13.2千トン(前年比116.9%)、米国8.8千トン(同117.5%)、カナダ3.7千トン(同115.6%)、ニュージーランド2.8千トン(同127.2%)、メキシコ2.5千トン(同138.0%)
 (独)農畜産業振興機構の需給予測によると、8月および9月の輸入数量は、為替の影響はあるものの米国・欧州等からフローズンの輸入量が増加すると見込まれる。一方で、チルドが需要の減退や為替の影響等から大幅に下回ると見込まれるため、全体では前年を下回ると見込まれている。
令和4年8月 合計;50.5千トン(前年比93.9%)、チルド;19.5千トン(同83.6%)、フローズン;31.0千トン(同101.9%)
令和4年9月 合計;48.0千トン(前年比94.9%)、チルド;18.3千トン(同75.1%)、フローズン;29.7千トン(同113.5%)
直近3か月(7~9月)平均 合計;50.2千トン(前年比96.3%)、チルド;19.1千トン(同79.0%)、フローズン;31.0千トン(同111.3%)

需要

(1)家計
 総務省発表の令和4年7月度家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり牛肉購入量は504g(前年比88.4%)、支出金額が1,789円(同98.7%)となり、購入量・支出金額ともに前年同月を下回った。(※2019年度同月比:購入量 96.6%、金額 117.9%)
(2)小売
 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の7月の販売統計速報によると、畜産部門の売上高は1,110億円(前年比100.6%、既存店ベース99.2%)と前年並み。牛肉は焼肉用が比較的好調、豚肉は豚しゃぶなど涼味提案で動きが良かったが、ハムなどの加工品は値上げの影響で伸び悩んだことが要因。
 日本チェーンストア協会が公表した7月販売概況によると、畜産品の売上は861.5億円(店舗調整後で前年比98.6%)となり、前年を下回った。牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵の動きは鈍かったが、ハム・ソーセージはまずまずの動きだったと報告されている。
(3)外食
 日本フードサービス協会がまとめた外食産業市場調査7月度結果報告によると、営業制限のあった前年を大きく上回り、全体売上は前年比114.5%となった。回復基調だった店内飲食が、コロナ第7波の拡大に伴い失速し、業界全体の売上を押し下げたが前年は大きく上回った。新型コロナ禍以前の2019年比では98.5%となった。
業態別;
①ファーストフード 前年比107.8%、2019年度比112.1% テイクアウト・デリバリーの堅調に加え、価格改定による単価上昇もあり、売上が好調。
②ファミリーレストラン 前年比120.6%、2019年度比 89.0%  焼肉店はコロナ第7波で都心部や駅前店が苦戦、郊外店も客足が鈍ったが、前年比131.7%と好調。
③ディナーレストラン 前年比133.2%、2019年度比 80.6% 月初は比較的好調だったが、コロナ感染拡大で中旬以降は下降傾向となった。19年度比は80.6%。
④居酒屋 前年比223.2%、2019年度比 50.8% ようやく戻り始めた中小規模の宴会もコロナ第7波で月後半になるほど客足が鈍った。
(4)輸出
 令和4年7月の輸出実績は645.8t(前年比93.3%)と前年を下回った。コロナ感染症の規制緩和により外食需要が回復したアジア地域、欧州向けは数量が増加したが、前月に引き続きこれまで輸出量のトップだったカンボジア向けが、現地の社会情勢不安や中国のゼロコロナ政策が影響し、前年比6割減少したことが大きく影響した。

在庫

 (独)農畜産業振興機構の需給予測によると、令和4年7月末の推定期末在庫量は150.6千トン(前年比115.5%、前月比105.6%)と前年を上回った。内訳は、輸入品;137.3千トン(前年同月比117.6%、前月比105.8%)、国産品;13.3千トン(同97.5%、同103.9%)となり、輸入品は前年実績を上回ったが、国産品は下回った。なお、今後の期末在庫の推移は、8月末;155.3千トン(同115.2%)、9月末;158.6千トン(同111.1%)と、前年を上回って推移すると見込まれている。

市況

(1)8月~9月
 令和4年8月の東京市場枝肉卸売価格(速報値;8月31日時点)は、和牛去勢A5が2,441円(前年比95.5%)、A4が2,172円(同97.5%)、交雑牛B3が1,493円(同 95.2%)、乳牛去勢B2が846円(同86.5%)であった。
 8月の枝肉相場は、3年振りに行動制限のないお盆期となり期待されたが、人の動きはあったもののコロナ感染者の増加から遠出を避ける動きも多かったことや、相次ぐ物の値上がりなどから消費者の財布のひもが固く、量販店や飲食店などでの売れ行きが振るわず和牛・交雑牛・乳牛去勢の全品種で前月・前年を下回った。
 9月の枝肉相場は、コロナ感染者(第7波)の収束見込みが立たない中で、外食向け需要の回復が見通せないことや輸出需要が一服感から勢いに欠けることに加え、消費者の生活防衛意識の高まりから牛肉から他の畜種へ消費が移っていることなどにより、軟調に推移するものと見込まれる。また、乳牛去勢は輸入代替需要により高値推移していたが、牛肉全体の需要が落ち込んでおり弱含みでの推移が見込まれる。

豚肉

供給

(1)国産
 令和4年7月の全国肉豚出荷頭数は、1,251千頭(前年比95.3%)と前年を下回った。主産地域である関東や九州・沖縄地区の減少が影響した。
地域別出荷頭数(数値は前年同月比);北海道102.4%、東北96.3%、関東93.0%、北陸甲信越96.0%、東海96.0%、近畿102.4%、中四国97.1%、九州・沖縄94.2%
 令和4年8月の全国と畜頭数は、1,241千頭(速報値8月31日まで集計、前年比93.6%)と前年を下回る見込みとなった。なお、稼働日数は昨年より1日少なく、1日当たりの平均と畜頭数は59,114頭(前年実績:63,128頭/日、前年差△4,014頭/日)と下回ったことによる。
 肉豚生産出荷予測(農水省食肉鶏卵課;令和4年8月17日付け)によると、令和4年9月;1,344千頭(前年比97%)、10月;1,452千頭(同102%)、11月;1,461千頭(同97%)、12月;1,477千頭(同98%)、1月;1,394千頭(同97%)であり、今後5か月間の合計頭数は前年比約98%と前年並みとなっている。
(2)輸入
 令和4年7月の輸入通関実績は、豚肉全体で83.1千トン(前年比111.3%、前月比93.0%)と前年を上回った。内訳は、チルドが30.9千トン(前年比87.2%、前月87.6%)、フローズンは52.2千トン(同133.0%、同96.5%)となった。国別でみると、チルドではメキシコが増加し、フローズンでは価格優位性のあるスペインに加え、メキシコ、米国、カナダからの輸入量が増加した。
(参考)形態別相手国別輸入数量
チルド   ;米国14.6千トン(前年同月比 78.4%)、カナダ14.1千トン(同93.2%)、メキシコ2.2千トン(同131.9%)
フローズン ;スペイン20.9千トン(同 186.8%)、メキシコ8.3千トン(同 105.4%)、デンマーク5.1千トン(同 89.4%)、米国4.8千トン(同 181.0%)、カナダ4.0千トン(同 138.6%)
 (独)農畜産業振興機構の需給予測(8月29日公表)によると、8月の輸入量;83.2千トン(前年比106.5%)および9月の輸入量;79.1千トン(同106.6%)ともに前年を上回る見込みとなっている。チルドは現地価格の高騰を受け低調な数量が継続すると見込まれる。フローズンはスソ物の引き合いは変わらないが国内在庫が積みあがっており秋以降は弱含みが見込まれる。
令和4年8月:合計83.2千トン(前年比106.5%)、チルド33.2千トン(同97.6%)、フローズン50.0千トン(同113.4%)
令和4年9月:合計79.1千トン(前年比106.6%)、チルド32.1千トン(同90.6%)、フローズン47.0千トン(同121.2%)      
直近3か月(7~9月)平均:合計82.6千トン(前年比109.2%)、チルド33.0千トン(同94.4%)、フローズン49.6千トン(同121.9%)

需要

(1)家計
 総務省発表の令和4年7月度家計調査報告によると、全国二人以上の1世帯当たり豚肉購入数量は1,746g(前年比98.0%)、支出金額が2,590円(同102.5%)となり、購入量は前年を下回ったが、金額は上回った。(※2019年度比:購入量 101.5%、金額 109.8%)
(2)小売
 日本スーパーマーケット協会など食品関連スーパー3団体の7月の販売統計速報によると、畜産部門の売上高は1,110億円(前年比100.6%、既存店ベース99.2%)と前年並み。牛肉は焼肉用が比較的好調、豚肉は豚しゃぶなど涼味提案で動きが良かったが、ハムなどの加工品は値上げの影響で伸び悩んだことが要因。
 日本チェーンストア協会が公表した7月販売概況によると、畜産品の売上は861.5億円(店舗調整後で前年比98.6%)となり、前年を下回った。牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵の動きは鈍かったが、ハム・ソーセージはまずまずの動きだったと報告されている。
 8月の荷動きは、7月下旬からの学校給食の中断により鈍い展開だったが、3年振りに行動制限のないお盆期向けの手当のため、上旬は活発となった。お盆期は、台風の通過や局地的な大雨などの天候不順に加え、遠出を避ける動きが重なり地域ごとに差が出た。お盆期以降の荷動きは、例年並みとなっている。また、輸入物は入船遅れからチルドベリーの需給がひっ迫したが、フローズンは在庫過多から需給が軟化しつつある。
(3)加工品
 日本ハム・ソーセージ工業協同組合発表の令和4年7月の豚肉加工品仕向量は31.0千トン(前年比94.8%)と、加工品の値上げによる販売不振から前年を下回った。内訳は、国産原料5.9千トン(前年比96.5%)・輸入原料25.0千トン(同94.4%)で、国産原料、輸入原料共に前年を下回った。なお、上記仕向量とは別枠のシーズンドポークは10.3千トン(前年比94.0%)と、前年を下回った。

在庫

 (独)農畜産業振興機構の需給予測(8月29日公表)によると、令和4年7月末の推定期末在庫量は221.3千トン(前年比119.9%、前月比103.7%)となり、前年を上回った。内訳は、輸入品;200.1千トン(前年比124.5%、前月比104.1%)で前年を上回り、国産品;21.2千トン(同88.8%、同100.0%)で前年を下回った。また、今後の期末在庫は、8月が228.0千トン(同121.0%)、9月が228.4千トン(同121.9%)と、いずれも前年を上回って推移するものと見られる。

市況

(1)8月~9月
 令和4年8月の東京市場枝肉卸売価格(速報値;8月31日時点)は、622円/kg(前年比103.9%)と前年を上回った。夏休みの学校給食の中断により弱含みなスタートとなったが、3年振りの行動制限のないお盆期であったことからお盆期向け手当てにより高騰した。お盆期後は、と畜頭数が伸び悩んだことや一部地域での8月末からの学校給食の再開など需要の増加により600円/kgを下回らず底堅い推移となった。なお、東京市場「上物」は、月間平均価格が8か月連続で500円超となり、前年より堅調に推移している。
 9月の相場は、コロナ感染者数(第7波)の収束見込みは未だ見通せないが、肉豚出荷頭数予測が1,344千頭(96.7%)と前年を下回ること、学校給食の再開や気温がゆるやかに低下することで一定の需要が見通せるため、600円台の保合いから供給量増に伴う弱含みの展開を見込む。

ページトップ